産後のバストアップケア

妊娠中、女性は乳腺が発達する事により胸のサイズが大きくなってきます。そして出産、授乳期が終わると徐々に元のサイズに戻っていきます。この時、昔のような胸に戻るのならいいのですが、多くはハリ弾力が失われ下に垂れている状態になります。これは子供を産み育てる過程において至極当然の事なのですが、子育てに追われる毎日を過ごしていると、女性としての魅力がなくなったと気持ちが沈んでしまう事もあります。

 

そんな悩みを解消するために、空いた時間にできるバストアップケアが重要となってくるのです。

 

 

産後に行えるおすすめのバストアップケア

ブラジャーを新調する

胸が元に戻っても、サイズが前と同じとは限りません。合わないブラをつけていると形も崩れてしまうので
お店で再度バストサイズを測ってもらい、適したブラジャーを着用するようにしましょう。

授乳中に通常のブラジャーをつけていると胸を圧迫して体に良くありません。授乳中は専用のブラジャーを着用しましょう。

マッサージや筋トレを行う

バストアップマッサージの方法やポイント
大胸筋トレーニングで効果的にバストアップ
基本的な方法は上記のページに記載されています。産後は体調面でも違いが出てくると思うので、過度に胸が揺れないように特に気を使い、やさしく行っていきましょう。

 

 

 

栄養を考えた食事

人体の基本となるたんぱく質はもちろん、ハリや弾力の元となるビタミンA乳腺を刺激するビタミンEなどの栄養を積極的に摂取していく事もバストアップに効果的です。
以下の食材を参考に、バランスの良い食事を心掛けましょう。

 

 

タンパク質
肉や魚類
大豆類
卵や乳製品

ビタミンA
ほうれん草
人参
大根
レバー類
ししゃも
etc…

ビタミンE
アーモンド
ヒマワリ油
モロヘイヤ
落花生
etc…

 

バストアップサプリのランキング選び方のポイントなどについて興味がある方は、トップページへどうぞ。

関連ページ

女性ホルモンを増やす方法
女性ホルモンは、美において欠かせない存在です。ここでは、そんな女性ホルモンを増やす方法があるのかどうか紐解いていきたいと思います。
胸だけに脂肪をつける方法
バストアップのつもりが、いつの間にか余計な脂肪がついていた!そんな悲しい事にならないように、ここでは胸だけに脂肪をつける方法をご紹介していきたいと思います。