バストアップマッサージの方法やポイント

私たち人間の体内にはリンパという管が張り巡らされています。

近頃体調が優れない足や二の腕など部分的に脂肪がついてきたという場合は、このリンパの流れが悪くなっている可能性があります。リンパは主にバストの辺りを中心に集まっており、ここをマッサージして刺激する事でバストアップの効果はもちろん全身の快調にも繋がります。

マッサージの基本と準備

マッサージは基本的に外側から内側
下から上へと胸全体が持ち上がるようなイメージで行います。
特に脇の下鎖骨周辺は乳房に向かうリンパ腺が多く張り巡らされているので、流れに沿ってよくマッサージをしてあげる必要があります。

 

クリームやオイルでバストアップ効果を上げる

何もつけなくてもマッサージは行えますが、より効果をあげたい、または肌を傷めたくないという方は専用のクリームやオイルを用意しておく事をおすすめします。香りがある事で、アロマテラピーのようなリラックス効果を得ることもできます。

 

マッサージのポイント

鏡の前で行う

自分で自分の体を見ながら、というのは中々抵抗を感じるかもしれませんが、しっかりと基本通りのマッサージが出来ているか、また自分の現在のスタイルや胸の状態を確認しながら行えるので、美しいスタイルへの意識力も高まっていきます。
入浴中、または入浴後が最適

全身を温めて血流を良くしてくれるので、マッサージの効果を得られやすくなります。

シャワーだけというのは良くありません。しっかり湯船に浸かる事が大切です。

ゆっくりと呼吸をしながら行う

呼吸を乱さないように、焦らずやさしくマッサージをしてあげる事が大切です。あまりギュウギュウ握るように触ると、乳房の中の靭帯が傷ついてしまいます。丁寧にいたわるような気持ちで行うようにしましょう。

 

日頃から胸に触れている事で、しこりなどの僅かな異変にも気付きやすく乳癌防止にも繋がります。バストアップマッサージは、胸を美しく整えるだけでなく健康面でもその効果を発揮するのです。
しかし、マッサージは続けなければ意味がありません。毎日5分〜10分
日常の一部になるように習慣づけていく事が大切です。

 

バストアップサプリのランキング選び方のポイントなどについて興味がある方は、トップページへどうぞ。

 

関連ページ

大胸筋トレーニングで効果的にバストアップ
バストアップには大胸筋を鍛えるのが最も効果的とされています。ここでは、初心者でも取り組みやすいトレーニング方法をご紹介していきます。
小胸筋のトレーニング方法と効果
バストアップは大胸筋だけでなく、小胸筋を鍛える事も重要となってきます。ここでは、小胸筋に効果的なトレーニング方法をご紹介していきます。
お風呂のついでにバストアップマッサージ
お風呂は気持ちいいけれど、入っている間は意外と時間を持て余してしまいます。ここでは、入浴中でも簡単に行えるバストアップマッサージをご紹介していきます。